MAGGIE's Everyone's home of cancer care

認定NPO法人 マギーズ東京

新型コロナウイルス対策:みなさまに安心してお越しいただけるよう、しばらくの間、センターへのご来訪前にご連絡をお願いしています(当日の場合はお電話でお知らせください)。また、お電話やメール、オンラインでもマギーズ東京の看護師・心理士とつながることができます。

NEWS & TOPICS

「花畑だより」5月の花畑活動ご報告

2022.06.01

春咲きたねダンゴの締めくくり

5月の花畑活動の28日は、雨の後の気持ち良い快晴でした。
春先からたくさんの花々を楽しませてくれたマギーズ東京の花畑は、ヤグルマギクを中心とした最後の花景色。その他の植物は既に種を蓄えていました。
今日の作業は、豊洲生まれの花々を来年も咲かせるための種取りです。
講師が用意してくださった8種類の種のサンプルを見ながら採取と保存方法を教えていただき、いざ畑へ。


1年前から不耕起、無施肥の実験をしている畝ベッドでは、刈り取った茎を20センチほどの長さに刻んでそのまま畑にばらまいて置きます。茎は抜かずに鎌で地際から切り、根を残しました。
その根が枯れると土の中に空洞ができて、耕さなくても土の中に空気が流通できるのだそうです。
よく踏んで土に馴染ませておき、後日ビール酵母の搾りかすを撒いて堆肥化を促します。

まだまだ実験途中ではありますが、実験を始めて2期目の畝と、昨年秋から始めた1期目の畝を比較すると明らかに成育に差があり、興味深く見守っています。

刈り取った後に、去年のこぼれ種から芽を出し、双葉を広げた百日草(ジニア)を発見!

そして、作業を終えた後に名残の花を摘んで花束づくりも楽しみました。

この日は夏を思わせるほど、暑くなり、こまめに水分補給をしながらの作業となりました。冷たいお水、麦茶、スポーツドリンクと3種類も用意してくださったのは、優しい足長おじさんです。毎回欠かさずテントやマイクの設営からお菓子の用意まで、細やかなサポートを本当にありがとうございます。心から感謝。

photo:maggie’s tokyo

PAGE TOP