MAGGIE's Everyone's home of cancer care

認定NPO法人 マギーズ東京

新型コロナウイルス対策:みなさまに安心してお越しいただけるよう、しばらくの間、センターへのご来訪前にご連絡をお願いしています(当日の場合はお電話でお知らせください)。また、お電話やメール、オンラインでもマギーズ東京の看護師・心理士とつながることができます。

NEWS & TOPICS

「花畑だより」最近の様子と昨年の花畑活動ご報告

2022.01.14

各地から大雪の便りが届く年明けとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
先週後半にはマギーズ東京周辺も幻想的な雪景色となりました。花畑活動のご報告の前に、雪の花畑とマギーズ東京の様子をお届けします。

↑先週の様子です。今はすっかり雪はなくなっています


さて、昨年最後となった、11月27日の花畑活動のご報告です。
冬の始まりの寒波に見舞われたものの、よく晴れて気持ちの良い日でした。
まずはたねダンゴを植え付けた花畑の草引きをしながら、新苗の成長具合を観察し、花名を確認します。いずれの花畑も順調に育っていましたが、施肥をせず麦芽粕のみ撒いた実験畑の発育状態が他に比べて良くてびっくり。陽当たり条件による差などまだまだ検証が必要ですが、興味深い現象が起きていました。

その後ラベンダー畑に移動して、枝の刈り込みと整理をし、その枝を利用して挿木に挑戦しました。一部枯れてしまった株もあるので挿木で増やそうという試みです。親株の近くに挿すと強風や雨の影響を避けられて成功しやすいそうです。「10センチ以上は土中に埋まるように」とのご指導がありました。

この日は風があって寒かったのですが、途中で心尽くしの差し入れ・手作りの白玉入りのお汁粉をいただき、作業で冷えた身体も心も温まりました。ありがたいことです。

最後は皆さんと、ラベンダーの葉と松ぼっくりでスワッグ作りを楽しみました。

この週末、豊洲ぐるりパークで開催されていた「『豊洲SDGsフェス2021』みんなで楽しむSDGs」では、花畑活動を支えてくださっているNPO Green Worksさんが、マギーズの花畑で麦芽粕を肥料にしている実験の様子を展示してくださいました。

冬の間、花畑活動はお休み。次回は春を迎える3月です。

PAGE TOP