MAGGIE's Everyone's home of cancer care

認定NPO法人 マギーズ東京

新型コロナウイルス対策:みなさまに安心してお越しいただけるよう、しばらくの間、センターへのご来訪前にご連絡をお願いしています(当日の場合はお電話でお知らせください)。また、お電話やメール、オンラインでもマギーズ東京の看護師・心理士とつながることができます。

NEWS & TOPICS

マギーズ東京と考える「がんと仕事」オンラインフォーラム2021のご案内

2021.10.31

2021年11月26日(金)19時から

マギーズ東京と考える「がんと仕事」オンラインフォーラム2021
復職への道のりは山あり谷あり… 家族ががんになったとき…
を開催いたします。
お申込みや詳細はこちらからどうぞ。


もし仕事の仲間や家族やご自身が、がんと告げられたら・・・
マギーズ東京では、がんと仕事をめぐり、病院でも家でも職場でも言いづらいお話しが、紡がれています。
がんと仕事フォーラム3回目の今年は<がんになってから復職までの山あり谷ありの道のり>と<家族ががんになったときの看病と仕事の折り合い>など話し合います。驚きや戸惑い、助けられたこと、悲しかったこと、嬉しかったこと…
オンライン開催なので全国各地から、ご参加いただけます。


対象:がんを経験した方、ご家族、友人、職場の同僚、上司、人事や産業保健関係の方、学生、研究者、医療関係者、行政関係者…関心お持ちの方、みなさまぜひどうぞ
日時:11月26日(金) 19時~20時30分 <受付・接続サポート18時40分~>

プログラム
全体進行 中村 めぐみ
Ⅰ ごあいさつ・マギーズ東京のご紹介
共同代表理事  鈴木 美穂

Ⅱ 「がんと仕事・わたしの場合」
聞き手 センター長 秋山 正子
大きな治療が一段落し、山あり谷ありの復職への道のり
医療ソーシャルワーカー 田中 里恵子
家族ががんになったとき、看病と仕事の折り合いは
監査法人パートナー 坂井 満

Ⅲ 「お二人のお話をうかがって」
がん経験者として、企業人として
サッポロビール(株)人事部プランニング・ディレクター 村本 高史
日本がんサバイバーシップネットワーク副代表理事
厚生労働省「がん診療連携拠点病院等の指定検討会」構成員

Ⅳ ディスカッション 「そしてこれから」
センター長 秋山 正子

参加方法:パソコンやタブレットなど、インターネットの使える環境からご参加ください(アーカイブ配信はありません)
当日のURLは、11月24日(水)以降に、Peatixのメールを通してお知らせします
※Zoomの操作になれない方は、当日18時40分からの接続サポートをご利用ください

お申込み : マギーズ東京のpeatixサイトからどうぞ
https://maggiestokyo-ganshigoto2021.peatix.com/

PAGE TOP