MAGGIE's Everyone's home of cancer care

認定NPO法人 マギーズ東京

新型コロナウイルス対策:みなさまに安心してお越しいただけるよう、しばらくの間、センターへのご来訪前にご連絡をお願いしています(当日の場合はお電話でお知らせください)。また、お電話やメール、オンラインでもマギーズ東京の看護師・心理士とつながることができます。

NEWS & TOPICS

「花畑だより」花畑活動のご報告

2021.09.27

雑草も宝物。新たなチャレンジです

先月は残暑厳しき8月28日(土)に花畑活動を開催。緊急事態宣言の延長もあり、スタッフのみの作業です。猛暑の中でもたねダンゴ苗の生育は順調で、早くもたくさんの夏秋の花が咲いていました。

行った作業は草取り。講師のご指導で、今回は抜いた雑草は捨てずにそのまま花畑の土の上に薄く広げて敷き詰めました。このような手法を「マルチング」といいます。こうして地面を覆うことで新たな雑草が生えにくく、また酷暑の中で土の乾燥対策にもなり、いずれは土に返ります。どこまで効果があるか、新たなチャレンジです。

ラベンダー畑も草が生い茂っていましたが、こちらも同じように刈り取った草でマルチング。

もうひとつの試みとして、この春から花畑の一部で、通常の土壌改良を行わずに、刈り取った花がらや雑草を花壇内に敷き詰め、米糠と麦芽粕を撒いて2週間ほどおき、そこにたねダンゴを埋めるという「不耕起栽培」の取り組みもしています。まだ始めたばかりですが生育がとてもよく、次回から実験区を増やす計画です。(麦芽粕は地元・江東区のクラフトビールづくりのお店からご提供いただきました)。

9月に入り涼しい日が続いたせいか、秋の花(左写真)の千日紅やコスモスなどが次々に開花。中には春咲きの矢車菊(右写真)がこぼれ種で咲いたりもしています。お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

PAGE TOP