MAGGIE's Everyone's home of cancer care

認定NPO法人 マギーズ東京

新型コロナウイルス対策:みなさまに安心してお越しいただけるよう、しばらくの間、センターへのご来訪前にご連絡をお願いしています(当日の場合はお電話でお知らせください)。また、お電話やメール、オンラインでもマギーズ東京の看護師・心理士とつながることができます。

NEWS & TOPICS

「花畑だより」4月の花畑活動ご報告

2021.05.17

花畑だよりでは、マギーズ東京の「花畑活動」や花畑の様子をお伝えしています。


待ちに待った花摘みと、花束づくり

 4月のマギーズ東京の花畑活動は、緊急事態宣言直前の4月24日(土)、爽やかに晴れ渡った空の下でしたが、感染対策のため少人数での開催となりました。
 3月の花畑活動で「枝透かし」(※)を行ったので、草花の間の風通しが良くなり、陽ざしも差し込むようになりました。背の高いヤグルマソウやムギセンノウの間から、ハナビシソウ、ストロベリーキャンドルなど新しい花が次々と咲き出していました。

※枝透かし:伸びすぎて混みあっている枝を適度に切って、美観を整えたり、日当たりと風通しを良くしたりするための作業です

photo:maggie’s tokyo

 まずは講師の先生からいただいた花のチェックリストを見ながら、どんな花が新しく咲いているのかを確認・観察をしました。そしていよいよ、半年前の植え付けの時から楽しみにしていた花摘みです。今回も混みあってきた部分の「枝透かし」をしながら、好きな花を選んで抱えられる限りの花を摘みました。その後、先生のご指導のもと、各自花束を作って持ち帰りました。

photo:Koji Fujii / TOREAL

 近くで開かれていたイベントに来られた家族連れや、犬の散歩などで通りがかった方々も関心を寄せられ、「いつも楽しんでいます」と声をかけていただきました。
 次回は「秋蒔き『たねダンゴ』」(※)の最終回。「種取り」をする予定です。収穫した種は、また今年10月の次期「たねダンゴ」に使用します。

※「たねダンゴ」は、春蒔き、秋蒔きの年2回の植え付けができ、春にマギーズ東京の花畑に咲いているのは秋蒔きの「たねダンゴ」が成長したものです

 大変多くの方にご関心をお寄せいただいていますマギーズ東京の「花畑活動」ですが、昨年より新型コロナウイルスの感染対策で、残念ながら屋外とはいえご近所を中心とした少人数での開催となっています(状況により予定が中止になることもあります)。心置きなく集まれるようになるまで、主にこの花畑だよりやSNS等で、花畑の様子を見守っていただけたらと思います。
【動画で花畑の様子を見る→こちらをクリック

PAGE TOP