マギーズ東京よりみなさまへ、ご支援へのお礼と2020年に向けて

2019.12.27

~がんに影響を受けた人が、また自分の力で歩んでいくために~ 
マギーズ東京よりみなさまへ、ご支援へのお礼と2020年に向けて
 
みなさまのあたたかなサポート、本当にありがとうございます。

マギーズ東京には、がんを経験された方とご家族や友人など延べ20,000人が、全国各地や海外から、来訪されました。お一人おひとりを歓迎し、看護師・心理士が“医療知識のある友人”のようにゆっくりお話を聴き、おだやかな時間が流れています。

2019年3月には、上野の東京文化会館で、約2,000人もの方々にチャリティコンサートをお届けできました。9月にはロンドンでの「マギーズがんケアリングセンター国際ネットワーク会議」でマギーズ東京の活動を発表。3周年を迎えた10月にはがんを学ぶ映画会を、11月には初の「がんと仕事」フォーラムを開催しました。

そして、現在地での運営を2022年末まで継続できることが、東京ガス不動産様、三井不動産レジデンシャル様のご配慮により決まりました。心からの感謝と共に、ご報告いたします。

2020年は「マギーズセンターの建築と庭 ―本来の自分を取り戻す居場所―」が3月10日(火)~5月28日(火)に、ギャラリーエークワッドで開催されます。
http://www.a-quad.jp/exhibition/exhibition.html
6月には、京都で開催される「国際サイコオンコロジー学会(IPOS)」に英国・香港・日本のマギーズセンターが合同で参加の予定です。

みなさまのご協力やご寄付のおかげで、マギーズ東京が“予約なし、無料”での運営が続けられることに重ねてのお礼を申しあげ、継続的な運営のために引き続きのお力添えをお願いいたします。
 
 認定NPO法人マギーズ東京
  センター長・共同代表理事 秋山正子
  共同代表理事 鈴木美穂

20180922_03_ss