コンセプト

造園家で造園史家でもあったマギー・K・ジェンクス氏は、乳がんが再発し「余命数ヶ月」と医師に告げられた時、強烈な衝撃を受けたといいます。にもかかわらず、次の患者がいるのでその場に座り続けることが許されませんでした。その時、がん患者のための空間がほしい。あと数ヶ月と告げられても生き続ける術はないかと、担当看護師のローラ・リー(現CEO=最高経営責任者)と必死に探したそうです。


「自分を取り戻せるための空間やサポートを」 マギーは、がんに直面し悩む本人、家族、友人らのための空間と専門家のいる場所を造ろうと、入院していたエジンバラの病院の敷地内にあった小屋を借りて、誰でも気軽に立ち寄れる空間をつくりました。その完成を見ずに1995年、亡くなりましたがその遺志は、夫で建築評論家のチャールズ・ジェンクス氏に受け継がれました。1996年に、「マギーズキャンサーケアリングセンター」としてオープンしました。徐々に全英の人達の共感を得て、2016年現在では英国で約20ヵ所のセンターが運営され、英国内外10ヵ所以上で開設に向けての準備が進でいます。 2013年には、英国外で初めてとなるセンターが香港に開設されました。


がん患者や家族、医療者などがんに関わる人たちが、がんの種類やステージ、治療に関係なく、予約も必要なくいつでも利用することができます。マギーズセンターに訪れるだけで人は癒され、さまざまな専門的な支援が無料で受けられます。がんに悩む人は、そこで不安をやわらげるカウンセリングや栄養、運動の指導が受けられ、仕事や子育て、助成金や医療制度の活用についてなど生活についても相談することができます。のんびりお茶を飲んだり、本を読んだりするなど自分の好きなように過ごしていてもいいのです。マギーは、そこを第二の我が家と考えました。

建築をコーディネートするジェンクス氏は、マギーが残した「建築概要」に従うように建築家に設計を依頼。そこを訪れる人は、自らが尊重されているような気持ちになります。共に悩んだローラ氏は、がん患者や家族、友人らの心を理解し、さまざまなケアを組み立てています。

マギーズセンターのように、がんと向き合い、対話できる場所が、病院の中ではない街の中にあること。それは本当に画期的なことです。「場」の持つ力は、医療分野のみならず建築分野の専門家の共感も得てきました。今、マギーズセンターには、世界中から多くの見学者がやってきています。

マギーズセンターCEO ローラ・リーよりご挨拶
Message – Maggie’s Chief Executive Laura Lee



1.オープニングにあたって

マギーズ東京チームの皆さん、日本のマギーズセンター第一号のオープニング心よりお喜び申し上げます。皆さんの素晴らしい成果と、マギーズの国際ネットワークとユニークな支援プログラムの広がりを私は誇りに思っています。多くの人が必要としているマギーズ東京のオープニングにむけての計画過程では皆さんの多大な努力とご苦労があったことを知っています。マギーズ東京がマギーズ香港や英国のマギーズセンター同様に今後素晴らしい成功を収めることは疑いありません。
マギーズ東京の臨床チームには素晴らしい人に参加していただくことができました。 秋山さん、栗原さんはそれぞれセンター長と臨床心理士として申し分のない豊富な経験をお持ちです。また駐日英国大使館、日本財団をはじめとして今日までプロジェクトを支えてくださった皆さん全員にお礼を申し上げ、マギーズ東京本センターが完成するまでの今後の4年間に何千人もの人が支援を受けられることを希望しています。



2.なぜマギーズが必要なのか?
患者、家族、サバイバー、そして専門職の人はマギーズから何を得るのか?

マギーズは重要な使命を担っている非営利組織です。私たちのセンターは英国内外でがん専門病院の近くに立地し、がんと共に生きる人、その家族や友人が必要とする心の面、実務面ならびに社会的支援を提供しています。
「がん専門医として、がんの診断に伴うさまざまな困難が過小評価できないことを知っています。がんが心にあたえる傷は身体への影響と同様に大きなものです。
マギーズセンターは私たちの仕事の自然な延長線上で人々を支援しています。がんと共に生きる人にとってマギーズが提供するサービスは大変重要な役割を果たしています。」ボブ・レオナード教授:腫瘍内科医、マギーズ専門家諮問委員会委員長
私たちはがんと共に生きている人、その家族、友人の方々が圧倒される思いの中で自分一人では気持ちや考えをうまく整理できない時に支援を提供します。
利用される方は、マギーズの専門家の支援によりさまざまな理解を深め、マギーズセンターの癒しの環境の中で落ち着きと安心をとりもどします。
そこを訪れる人はすべてのマギーズセンターが提供する優しく支援的なコミュニティで「お茶を一杯」飲んでほっとします。
マギーズセンターは自宅の外にあるもう一件の家であり、がんを経験している、またがんを経験した他の人と交わり、おしゃべりする場所でもあります。
ここに来れば、やかんの湯を沸かしてお茶を入れても、読書しても、ただリラックスするだけでも、同じ経験をしてきた人と話をしてもいいのです。マギーズはここに来る人が「希望と自分の中にある力を見いだし、がんとともに生きる道を見つける」ことを可能にします。

3.なぜ病院の外に予約なしで立寄れるサービスが必要なのか?

利用する人が予約なしでいつでも好きな時に立寄リ、支援が受けられることが重要です。プログラムの中には予約はいらないものの特定の日の特定の時間にだけ提供されているものもあり、また例えば給付アドバイザーやリラクセーションセラピストのセッションなど予約の必要なものもありますが、センターのドアは週末や祝祭日を除き原則午前9時から午後5時※まで空いていますので、いつでも立寄ることが出来ます。
支援してくださる方の寄付などにより、マギーズセンターのサービスは利用する方には無料で提供しています。心の支援や実務面、社会的支援はがんと共に生きる人、家族、友人誰でも、必要な期間受けることができます。
一流の建築家が設計したマギーズセンターは暖かく、優しく、気軽な場所で、光があふれ、オープンなスペースの中心にはキッチンテーブルが置かれています。ここはストレスの多い病院とのやりとり、予約や治療への橋渡しの場であり、善意を持って接してくれるけれども時には心配しすぎることのある家族や友人から少しの間距離を置く場所にもなります。
マギーズセンターは次々に提供される情報を吸収するための穏やかなスペースを提供し、がんと診断されたことの苦悩の一部を和らげるお手伝いをします。

4.より幅広い皆様からの支援のお願い

日本のマギーズセンター第一号が建設されましたが、センターの運営を継続し、2020年に恒久的施設を建設するための資金集めを今後行っていく必要があります。
これまでマギーズ東京実現にむけてご支援いただいたみなさまには心より感謝しております.
センターがオープンした今、更に多くの方々がセンターの将来の成長と発展にむけてご支援いただけることを希望しています。
私たちは必要としているすべての人がマギーズ東京の支援を受けられようにしたいと強く願っています。
マギーズ東京が地元企業、国内企業、慈善活動にかかわる人々、そして地元住民の皆さんに支えられて育っていくことを願っています。支援の提供を考えておられるかたはホームページからのアクセスも可能です:http://maggiestokyo.org/donate/
一度ぜひセンターにもお立寄りいただき、私たちのやっていることを皆さんの目で見てください。
皆さんの寄付の支援がなければ私たちの仕事を続けることはできません。この素晴らしいセンターの実現にむけてこれまで支援してくださった皆様に再度この場を借りてお礼を申し上げ、同時に今後も本センターの建設と今後のサービスの支援に更に多くの東京の、そして日本の皆様が参加してくださることを願っております。
(翻訳:重松加代子)
※マギーズ東京につきましては、当面のあいだ午前10時から午後4時の開館となっております。ご了承ください。

1.Congratulations for the official opening

I would like to offer my sincere congratulations to the Maggie’s Tokyo team for delivering Japan’s first Maggie’s Centre. This is such a wonderful achievement. I am very proud that, together, we are extending the reach of Maggie’s International network and unique programme of support. So much hard work and dedication has been put into planning the much-needed ‘interim’ Centre in Tokyo, I have no doubt that this centre will be as successful as Maggie’s Hong Kong and all of our Centres in the UK.
We have recruited some extraordinary people to join the Maggie’s Tokyo team. Masako and Yukie have a wealth of experience to offer in their roles as Centre Head and Clinical Psychologist. I would like to thank everyone who has been involved in the project to date including the British Embassy in Japan, and The Japan Foundatioand hope that the centre will benefit the many thousands of people that will use it over the next 4 years.

2. Why is Maggie’s needed? What do patients, families, survivors and professionals get from Maggie’s?

Maggie’s is a charitable organisation that does important work. Sitting and working alongside cancer hospitals in the UK and internationally, Maggie’s Centres provide the emotional, practical and social support people with cancer, their family and friends need.
‘As an oncologist, I know that no one underestimates the difficulties involved in receiving the news the one has cancer. The emotional trauma can be just as difficult as the physical effect. Maggie’s Centres help in a way that is a natural extension of our clinical work. For people with cancer, what Maggie’s does is vital’ Prof Bob Leonard, Consultant Oncologist and Chair of Maggie’s Professional Advisory Board
We support people with cancer, their family and friends at what seems like an overwhelming and unmanageable time in their life. People get the clarity they need from the professional experts who work at Maggie’s. People get the calmness they need from the therapeutic environment and sense of refuge inside our Centres.
People can also get the ‘cup of tea’ they need, by which we mean the friendly and supportive community found in every Maggie’s Centre. Maggie’s often becomes a home from home, a place where people can go along and chat to others who are experiencing cancer or who have had an experience of cancer.
People can come in, put the kettle on and spend time reading or relaxing or talking to people who have been through the same thing. Maggie’s enables people to ‘find the hope and strength to find their way through cancer’.

3.Why is it necessary to offer free drop in service outside the hospital?

It is essential to offer a drop-in support to people, so that people can visit whenever they like. Some parts of the programme take place at certain times on certain days, and you might need an appointment for a meeting with the benefits advisor or Relaxation Therapist, for example, but our doors are open every day of the week from 9am – 5pm – so people can just come in.
There is no costs for any of our services – thanks to the generosity of our supporters, they are all free of charge. We believe that practical, emotional and social support should be accessible to everybody with cancer, their families and friends, when they need it, for as long as they need it.
Designed by leading architects, Maggie’s Centres are warm, friendly, informal places, full of light and open space with a big kitchen at the heart. They provide a bridge from the stress of dealing with hospitals, appointments and treatment, and refuge from the well- meant but sometimes overwhelming concerns of family and friends.
Maggie’s Centres also provide a peaceful space to absorb the information that people are inevitably bombarded with and help to relive some of the distress of having cancer.

4. Plead for further support from broader stakeholders.

Now we have built Japan’s first Maggie’s Centre, it is crucial that we are able to continue to raise the funds necessary for running it and eventually raising enough money to open a permanent facility in 2020. We are so grateful to everyone who has helped make Maggie’s Tokyo a reality; we hope that now the centre is operational more people will want to get involved in supporting the growth and development of the centre in the future. We want to make sure that everyone who needs Maggie’s is able to access the support of Maggie’s Tokyo now and in the future.
We hope that Maggie’s Tokyo will be supported by local and national companies, philanthropists and the local community, so that it able to thrive.
Supporters can make a donation by visiting the website: www.maggiestokyo.org/donate/ We also welcome people to drop into the Centre and view first hand the work we do. We cannot continue our work without the support of our donors. Thank you so much again to those who have helped us deliver this amazing centre. We hope that the people of Tokyo join us in celebrating and supporting this truly amazing facility.

詳しくは英国サイトへ

英国サイト(英語)