建築について

美術館のように魅力的であり、教会のようにじっくり考えることができ、病院のように安心でき、家のように帰ってきたいと思える場所。
いずれの建物にも大きな窓があり、外の風景がよく見えるようにしている。
建築とランドスケープが一体的な環境をつくり、患者の不安を軽減するという考え方に基づいている。

・自然光が入って明るい
・安全な(中)庭がある
・空間はオープンである
・執務場からすべて見える
・オープンキッチンがある
・セラピー用の個室がある
・暖炉がある、水槽がある
・一人になれるトイレがある
・280㎡程度
・建築デザインは自由

Edinburgh設計:Richard Murphy

South West Wales設計:黒川紀章

London設計:Rogers Stirk Harbour + Partners

Fife設計:Zaha Hadid

Hongkong設計:Frank Gehry

その他のセンターはこちら

英国サイト(英語)