2017年度「マギーズ流サポート研修 入門編」のご案内

2017.03.24

 マギーズ東京には2016年10月のオープン以来、連日10人から20人の相談者が、お近くから、また遠くから訪ねて来られます。病院でも家でもない居心地のいい空間とゆったりした時間の流れのなかで傍らにいるのは、医学的知識をもつ友人のような看護師・心理士など。来訪者は、思い思いのペースで静かに過ごし、話したいことがあるときには安心して話すことができ、一時は失ったように感じられた自分の力を「そういえば…」と思い出し、来た時よりもしっかりとした足取りでお帰りになります。
 こうしたマギーズ東京での日々のドロップインサポート(予約なしの立ち寄り相談支援)にあたっているメンバーが、その実践をもとに、「マギーズ流サポート」のエッセンスをまとめた研修会を企画しました。「がん体験とその影響」をめぐるテーマの講義と対人援助の演習を通じてサポートの実践力を磨き、病院や地域でのがん相談支援、患者さんやご家族の対応等に活かしませんか。
皆様のご参加をお待ちしています。
マギーズ東京センター長 秋山正子


第一期(6月)の募集は締め切りました


1. 研修目的 :マギーズ流サポートの概要を理解し、体験学習を通して、自身のサポート力を高める
2. 研修対象者:マギーズ流サポートに関心があり、全日程に参加できる方。各回30名
3. 研修日程 :6月10日(土)-11日(日) 連続2日間(1日目:10時~17時/2日目9時~15時)
事前・事後のマギーズ東京見学(日時は相談のうえ無理のない日程で)
※同じ内容で、第二期は9月頃、第三期は2018年1月頃に開講を検討中。
4. 研修場所 :マギーズ東京(東京都江東区豊洲:新交通ゆりかもめ 市場前駅 徒歩5分)
5. 参 加 費 :25,000円(昼食代・テキスト代を含む)、全日程修了の方に「研修修了証」発行
6. 研修プログラム
 研修内容講師(6月の例)方法
事前
見学
マギーズ東京見学(※必須)1日数人程度
研修前日も含め、見学日時は相談に  応じます。
見学 研修
1日目
10時
 
~17時
①研修を開始するにあたって
②マギーズ流って何?
③サポート力を磨く(その1)
言葉にならないものの察知力=五感を磨く
④病気の旅路にそって:生活・選択・地域
秋山正子 (マギーズ東京センター長)
渡邊知映 (上智大学看護学科)

秋山正子 (マギーズ東京センター長)
講義
演習

講義
2日目
9時
 
~15時
⑤がんを知る・治療を知る
⑥サポート力を磨く(その2)
  話したくなる“聴ける力”を磨く
⑦まとめ・振り返り
濱口恵子(がん研究会有明病院)
栗原幸江(都立駒込病院 心理療法士)
講義
演習
フォロー見学マギーズ東京見学
※1回は必須、希望者は3回まで可能
 内容は研修前マギーズ東京見学に準ずる
1日数人程度
研修翌日も含め、見学日時は相談に 応じます。
見学
研修

7 申込方法
下記よりお申し込みください。
2017年度マギーズ流サポート研修入門6月研修お申込みフォーム
またはこちらよりお申込用紙がダウンロードできます。
2017年度マギーズ流サポート研修入門6月研修お申込み用紙(pdf形式)
8 応募締め切りと受講決定のお知らせ
○ 6月研修の応募締め切り:4月25日(火)
○ 受講決定のお知らせメール通知:5月10日(水)頃の予定
○ 受講決定のお知らせメールにて、受講料の支払方法をご案内します。1週間以内にお振込いただき、支払の確認をもって受講登録が完了となります。
○ 入金後の受講料の返金はできませんので、ご了承ください。
○ 登録完了後キャンセルされる場合にはご連絡ください。
9 問い合わせ先:マギーズ東京セミナーチーム
e-mail: seminar@maggiestokyo.org
〒 135–0061 東京都江東区豊洲6丁目4番18 マギーズ東京